2月17日(日)の読売新聞の書評欄で、明治大学の加藤徹先生青木朋先生『天空の玉座』と共に、拙作『新☆再生縁~明王朝宮廷物語~』をご紹介していただきました!

0217
新聞を見逃した!という方もご安心くださいね。
こちらの読売新聞オンラインでご覧いただけます

私たちも全国紙の書評欄でご紹介いただけると聞いた時にはビックリしましたが、本当に有難く、とても嬉しかったです
ただ、我が家は読売新聞ではないため、近くのコンビニに1部予約をし購入させていただきました。
母に見せたところ、とても喜んでくれたのですが、“時代を超えた才女の壮大な合作ともいえる。”という文面に引っかかったらしく、
「これはどういう意味? 時代を超えた才女って誰のこと?」
と真面目に聞かれたので返答に困ってしまいましたが、
「きっと加藤先生は、私たちのことを良いほうに誤解してくれているんだよ
と説明したら、ようやく納得してくれたみたいです
でも、よほど嬉しかったのか、買ってきた新聞を取り上げて自分の箪笥にしまってしまいました。
やっぱり2部買ってくれば良かったかな~と、ちょっと後悔していたところ、書評欄を見て喜んでくれた姉の知り合いが新聞の切り抜きとお手紙を送ってきてくれました。
この記事のおかげで身近な人たちも喜んでくれたので本当に嬉しかったです。

加藤先生、お取り上げいただき本当にありがとうございました