官服の色について説明したついでと言ってはなんですが、もう一つ色のお話を・・・

中国の宋時代以降の宮城が出てくるドラマでは、主に横店映視城にある明清宮苑という紫禁城を模したセットで撮影されています。
なので、中国の宮城というと紫禁城のような黄色い屋根瓦と赤い壁をイメージされる方が多いと思いますが、じつは北宋時代の宮城の屋根は緑色の瑠璃瓦でした。
つまり、こんな感じだったわけです。

0413e

これは宋時代の首都・開封にある龍亭公園に展示されている宮城の模型です。
紫禁城と比べると、色彩的に爽やかな感じですよね。
残念ながら龍亭公園に復元されている宮殿は、清の時代に建てられたものなので、下の写真のように黄色い瑠璃瓦になってしまっております

0413g

ちなみに、宮城だけでなく格式のある建築物には宮殿と同様、緑色の瑠璃瓦が使われていましたので、現物だとこんな感じですね。

0413f

こちらは開封に復元されている開封府のテーマパークです。
いろいろなアトラクションもやっていて、一日中楽しめますので、ご興味のある方は是非~